【レーザーカッター / Cubiio 2】 概要紹介(スペック・対応素材・価格)

DIY

こんにちは、バフェットソローです。

Kickstarterで購入したレーザーカッター Cubiio2が遂に来ましたので、徐々に紹介していこうと思います。この記事では、Cubiio2のスペック・対応素材・価格等の概要を紹介しようと思います。今後、開封・使用レビュー記事などを上げていく予定です。

3D Printerはすでに持っているので、これで2つ合わせた色々なモノが作れると思っているので、楽しみです。

Cubiio 2 概要紹介

メーカー

メーカーは台湾のメーカー MUHERZ になります。

Cubiio2という名前からも推測できるように、以前も少し話題になったレーザーカッターCubiioを作ったメーカーです。

cubiio | JP-MAINPAGE
cubiio official website. After hard working for one year, the world’s most compact laser engraver was born. Cubiio is now on Indiegogo after we crowdfunded on K...

下記製品です。

https://shop.muherz.com/products/cubiio-suit-1

メーカーと商品ページは下記です

cubiio | Laser Your Ideas Anytime Anywhere
This is cubiio official website. After hard working for one year, the world’s most compact laser engraver was born.Palm-sized laser engraver is now on Indiegogo...
Cubiio 2 產品介紹
Website Builder Description

スペック・加工可能素材

レーザーの出力と、加工範囲2つの軸で種類が別れています

レーザーの出力はLC35とLC50の2種類があります。

同じ半導体レーザーですが、LC50の方が出力が高いため、切断の厚みが大きく、彫刻できる素材の範囲が広いです。

https://www.makuake.com/project/cubiio2/

半導体レーザーであり、CO2レーザーではないので、透明な物質(アクリル等)は加工できませんので注意が必要です。

また加工範囲が違う、Cubiio2とCubiio2 Plusの2つの種類が用意されています。

ざっくりとした加工範囲としては、Cubiio2がA4サイズ、Cubiio2 PlusがA3サイズです。

Cubiio2 Plusについては、レーザーは高出力のLC50のみ担っています。Cubiio2ではLC35とLC50から選択できます。

レーザー出力がCubiio2 PlusはLC50のみである点と、作業範囲(とそれに伴うサイズ・重さ)以外には2つのスペックの違いはありません。

https://www.makuake.com/project/cubiio2/

値段(購入時には注意が必要)

(執筆現在:2021年2月12日の情報です)

まず、まだ一般発売はされていないようです。

メーカー公式HPでの販売は5月からになっています。

Cubiio 2 Preorder
Cubiio 2 Preorder

他には、現在ではクラウドファンディングのMakuakeとIndiegogoで販売されています。

Makuake|「Cubiio 2」高性能レーザー加工機/A4・金属に彫刻できるのにわずか6kg|Makuake(マクアケ)
世界中のレーザー加工機愛好家を満足させた「Cubiio」が、さらに高性能を目指し、繊細な技術と大きなサイズへの対応が可能の上、薄型化した「Cubiio 2」を開発しました。本体サイズと重量は従来の4分の1に改良したにも関わらず、耐用年数は4倍延長!しかもA4サイズの素材に対して、繊細かつハイパワーの加工が可能となりまし...
Cubiio 2: Autofocus Laser Cutter & Metal Engraver
Compact and Versatile. Make Your Creativity a Reality. | Check out 'Cubiio 2: Autofocus Laser Cutter & Metal Engraver' on Indiegogo.

Kickstarterで既に成立&発送までされているので、失敗する可能性はかなり低いと思います。

各サイトでの価格をまとめてみました。

Cubiio2 LC35
(Cubiio2 Lite)
Cubiio2 LC50
(Cubiio2 Standard)
Cubiio2 Plus
(Cubiio2 Business)
公式HP (送料抜き¥190,482¥201,687¥330,542
Makuake (送料込み)¥200,000¥210,000¥317,000
Indigogo(送料込み)n/a¥136,049¥248,220

MakuakeとIndigogoは執筆時点での最安値のRewardを選択しています。

公式HPでの通販ですとこれに送料と関税がかかるため、それを加えると下記になります。

Cubiio2 LC35
(Cubiio2 Lite)
Cubiio2 LC50
(Cubiio2 Standard)
Cubiio2 Plus
(Cubiio2 Business)
公式HP (推定送料+関税込み)¥215,161¥227,038¥363,625
Makuake (送料込み)¥200,000¥210,000¥317,000
Indigogo(送料込み)n/a¥136,049¥248,220

こうなると、公式HPが一番高くなり、Indigogoで買うのが圧倒的に安いことがわかりました。
Makuakeはほぼ公式HPと変わらない値段(Cubiio2 Plusは結構安いですが)なので、日本語対応として少し割高になっているのかもしれません。

ただ、IndigogoではCubiio2 LC35のRewardが見当たりませんでした。ただ、LC35とLC50がセットになったBest Value というのが¥146,523で売っているので、Cubiio2 LC35をMakuakeや公式HPで買うよりもセットで買ったほうが安いので、もしLC35が欲しい場合にはいっそこのBest Valueを買うのが良いかと思います。

*為替の変動によって値段は変わりますので、ご注意下さい。

次からの記事では、開封と初期テストを書いていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました